【Twitter】シャドウバンとは?調べ方と対策について解説します!【影】


Twitterのタイムラインで見かける
「シャドウバンされた!」「影になってる。」「影垢」など

これらはいずれも、
自身のツイートが何らかの原因で「シャドウバン」され
検索結果に出てこなくなったり
他のフォロワーから見れなくなっている状態のこと
を指しています。

ツイッター社からの正式なBAN(アカウント停止など)とは異なり
こっそりと制限されてしまうものなので少しやっかいなんですよね。

nana
nana

私自身も、スパム行為や不正行為は全くしていないのに何度もシャドウバンされたことがあります。笑

今回は、

「シャドウバンされたらどうなるの?」
「そもそもシャドウバンってどうやって調べるの?」

という疑問をわかりやすく解説します。


シャドウバンの調べ方
nana
nana

それではさっそく自身のTwitterアカウントがシャドウバンされているか確認してみましょう!

シャドウバンを確認するサイトはいくつかありますが、


こちらのサイトが便利かと思います。利用も完全無料です。

①「username」と書いてある部分に自分のユーザーIDを入力し、CHECKボタンを押す!

nana
nana

気になる検索結果がこちら!

4つの項目が出てきましたね。
たったこれだけで、自身のTwitterアカウントがバンされているか調べる事ができます!


シャドウバンの種類

それでは各項目の種類と意味について解説します。

画像のようにすべての項目が「No~~~」と表記されていれば全く問題ありません。

ツイートは通常通り自分も他人にも見えていますし、
他人がハッシュタグなどで検索をしたときもきちんと表示されます。

しかし、もしシャドウバンされていると「No~~~」と表記されず、警告が出ます。

【Search Suggestion Ban】

こちらは引っかかってもあまり気にしなくて大丈夫といえば大丈夫です。
リプが第三者から見えなくなってしまいますが、
自分とフォロワー間では見えますし比較的軽度なものです。


また第三者にも絶対にみえなくなるわけではなく、
アカウントの設定で「センシティブな内容を含む可能性のあるメディアを表示する 」をオフにしている人に見えなくなるだけ。
第三者でも上記の設定をオンにしている人には表示されます。

【Search ban】

サーチがBANされているというタイトルまんまの意味なので、
こちらは比較的重いものと考えられます。

「サーチ=検索」から「BAN=除外」されてしまうため
自分がハッシュタグやリンクを貼ってツイートをしても、
フォロワー・フォロワー外含むほかの方が検索をしても結果に表示されません。


フォロワーのタイムラインには表示されますが、
検索時に検索結果としてひっかからなくなってしまうため
Twitterを活用しながらアフィリエイトをやっている人にはまさに致命的ですね。

【Ghost ban】

こちらは第三者にリプライが表示されなくなり、
Search ban同様比較的重めと考えられます。

仮にAさんがGhost banされているとき
相互フォローしているAさんとBさん間で互いに宛てたリプはお互い見えますが、
第三者のCさんにはAさんのリプは見えなくなります。
CさんがAさんをフォローしていてもAさんからBさんに宛てたリプは見えません。

【Reply Deboosting】

こちらはGhost banやSearch banに比べると軽いので気にしなくて大丈夫です。

リプが「さらに返信を表示する」の中に隠れてしまうだけなので、
表示というところを押せば普通に表示されます。

直接表示されないという点でリプの見づらさは出てしまいますが
比較的軽度ととらえて良いでしょう。


シャドウバン対策

それではどうしたらシャドウバンされずに済むのでしょうか?

結論を先に申し上げると、
「必ずこうしておけば100%大丈夫!!」と言える対策はありません。

ただ、シャドウバンの本質を考えれば、最低限対策をしておくことは出来ます。

【シャドウバン対策】

ハッシュタグを大量につけない
外部リンクを貼らない
短時間に大量のツイートをしない
アダルト関連のツイートをしない
政治的・宗教的に過激なツイートをしない

nana
nana

ただ上記を守っていてもシャドウバンの対象になってしまう事はあります。

そもそもアフィリエイトを行う上で、ツイッターを活用する時は
リンクを貼る必要がありますし
複数人の目に留まるようハッシュタグをつけることもあるので
どうしてもシャドウバンされる事が多いんですよね。

nana
nana

楽天ROOMのリンクを貼っていただけでシャドウバンされることもあります。。。


最後に

最近では転売が規制されていた「マスク」や「消毒液」に
関連したアフィリエイトリンクを貼るとシャドウバンになるという噂が出てきたり、
そもそも心当たりがないのに検索結果に表示されなくなってしまったなど
そういった点から考えるとシャドウバンは意外とやっかいなものかもしれません。

100%対策できるわけではありませんが
世界中で多くの人が利用し、閲覧しているSNSなので
ルールを守って正しく利用することが大切ですね。

(広告)


おすすめ